message_index

加和太を支える仕事

2012年入社 / 2016年入社

櫻井 学
鈴木ささら

営業部

img01

MESSAGE 01

営業部から仕事がはじまる

—櫻井
営業部を統括している専務には「自分たちが会社を支えているんだっていうくらいのプライドを持て」と常々言われています。プロジェクトはゼロから任され、金額が大きいこともあります。なので私がひとつでも間違えたらそのお客様に大きなご迷惑をかけてしまうかもしれないという大きな責任を感じます。しかし、加和太建設を支えているという誇りを持って、仕事に挑んでいます。 営業に必要な資質は、想いが強いことだと思います。 いわれたことをやるのではなく、お客様の意見を聞いていろんな提案をしたり、考えたりすることです。想像力を膨らませてそれを実行することができる人は、営業としての資質があると思います。

—鈴木
今、法人営業を担当している女性は私だけですが、女性の営業でもここまでできるんだと思ってほしいです。女性ならではの視点から、ものごとを考えたり、見たりすることも、営業として重要なことだと思います。今後加和太建設で、私をモデルに女性の営業が活躍できる機会が増えていったらいいなと思います。

img01img02
img03img04

MESSAGE 02

お客様の信頼を得るために

—櫻井
私たち営業部の仕事は、お客様の将来の展望をふまえて、事業成功のお手伝いをすることです。そのために、お客様のお悩みやこだわりをとことん聞いて気持ちに寄り添い、信頼を得ることが重要です。「加和太さんなら安心して任せられる」と言っていただけることが、とても嬉しくやりがいを感じます。

—鈴木
私はもともと出身が三島で、加和太建設を知っていました。「街を創る街を活かす」という会社の方針に惹かれ、新卒採用で入社を決めました。最初はお客様との会話がままならない事も多く、その都度櫻井さんに相談し、どう話を進めていけばいいかアドバイスをもらっていました。櫻井さんは、お客様の性格から各営業スタッフとの相性を判断しアドバイスをくれるので、スムーズに話ができるのだと思います。 また、私は昨年8カ月間不動産部に配属されて、個人営業を経験しました。法人のお客様とは違った営業が必要ですが、信頼関係の構築が大切なことに変わりはありません。とても勉強になりましたし、自分自身ひとまわり成長できたと思います。この経験を、営業部で活かしていきたいです。

img01
img05

MESSAGE 03

経験したことを若いメンバーに教えて、次へ活かしてほしい

—櫻井
私は、5年前に異業種からの転職で、営業未経験で入社しました。建設の知識を身に着けるのはもちろんのこと、お客様のニーズをつかんで良い提案ができるようになるまで、さまざまな苦労がありました。自分が体験した苦労を若いメンバーにはしてほしくないと思っています。今はできるだけ、私が成功したことや失敗したことをしっかりと落とし込んでから教えています。良い環境を整えて、のびのびとそれぞれの個性を出せるような営業をしてもらえたらいいなと思います。

—鈴木
最初は仕事を指示通りに行いがちですが、加和太建設は、まずは自分で考えてやってみるということを許してくれる会社です。 私はたとえ自分の判断で失敗したとしても、それが自分の財産だと考えています。みずから考えて行動することは大変ですが、自分がやる意味がある、任されていると感じますし、やりがいがあります。これからもたくさんの経験を積んでいきたいと思います。

櫻井 学の仕事必携アイテム

スケジュール帳

櫻井さんのお仕事必携アイテム スケジュール帳

営業にとって、アポイントメントの把握は必須です。手帳がないと仕事ができません。

鈴木 ささらの仕事必携アイテム

名刺入れ

鈴木さんのお仕事必携アイテム 名刺入れ

まず最初に行うことが名刺交換ですので、お気に入りの名刺入れを持つことで、少しでも緊張が和らぐようにしています。

社員紹介

entry
Google map
ページトップ